FC2ブログ

母と娘

75D_2695.jpg

75D_2627-001.jpg

小さな頃は母の手に抱きしめられ、その手に手を引かれ、守られてきた私。

その母を、私が抱きしめ、その手を引いて歩く日が、やがて来る。

そんなことを思いながらシャッターをきっていました。


「お願いして、撮ってもらって本当に良かった」

とても嬉しい言葉をいただきました。

私の方こそ、大切なものをいただいた撮影でした。



***


大切な人との時間を残しませんか?

-Photo creativeblue-

スポンサーサイト

その時の「時間」を撮らせてもらうということ。

写真というものは、時間ととても関係の深いものだなぁ、と思います。

写真は、時間を止めて写します。

写った写真は止まっているけれど、その中で記憶は動き続けます。

時が経って見返すと、普段は忘れているその時の記憶が動き出すのです。


年月が経つほどに熟成されて、それを見たときに気持ちがふわっと動くような写真が残せたらいいな。

数年間の家族の軌跡だったり、それこそ生まれた時から撮らせていただいている子など、時間を重ねて写してきた写真を見返すと、なんとも言えない愛おしいような切ないような気持ちが込み上げます。

その時間にタイムスリップするような、俯瞰して眺めているような、不思議な気持ちになるのです。

DSC_9729.jpg

75D_9551.jpg

DSC_0372.jpg

75D_1828.jpg

20150913(172).jpg

75D_0858.jpg

DSC_6510.jpg

75D_9445.jpg

プロフィール

PHOTO creativeblue

Author:PHOTO creativeblue
ふたりの男の子のおかあさん^^
キオクをキロクするフォトグラファーです*

特別な日だけじゃなく、
日常の日々の中の瞬間を
写真に切り撮りたい。

「あなたらしさ」がそのまま写る写真を、
残したいと思っています。

カテゴリ
メールフォーム
撮影依頼をお受けしています。詳細は下記メールフォームよりお問合せください。撮影/料金について

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR